法人カードのためにホームページを用意する

法人カードの発行には、自社のホームページが必要になることがあります。
ホームページがあると、会社概要、事業内容、連絡先、これまでの実績などがわかります。
全く素性のわからないままよりも、ホームページである程度どのような法人かを知ってから、法人カードを発行したいと思うクレジットカード会社が多いのです。

規模が小さい法人だと、ホームページなんてないよ!となるかもしれません。
その場合は簡単で良いので、作っておくと良いでしょう。
自分で知識がない場合は、外部に依頼をする方法もあります。

ホームページにはこれまでの実績がわかるページがあると有利です。
卸売りならこれまでどのような商品をどこに納品しているのか、デザイナーならこれまでどのようなデザインをしてきているのかなどがわかるページがあると、法人カードも発行されやすいようです。

金融機関によってはホームページがないと、法人用口座が開設できない場合もあるようです。
それだけホームページは重要視されていると言えるでしょう。

ただ法人カードのためとはいっても、ウソの情報は載せないようにしてください。
虚偽が見つかると逆に法人としても信用度を落としてしまい、法人カードの審査は不利となってしまいます。