法人カードの審査に通るには

クレジットカードには審査がありますが、法人カードも必ず審査が行われます。
クレジットカードは個人の信用で発行されますが、法人カードは法人としても信用度が審査されます。

法人カードの審査では企業から3年以上、2年以上の黒字経営という条件をクリアしないと、審査通過は難しいと言われています。
設立から間もないと、これから経営状態がどうなるのかがわかりにくいですね。
3年くらい経過すれば先が予想されやすいので、審査がしやすいということなのでしょう。
ただ設立から3年以上経過していても、赤字決算が続いていると法人カードの審査には通りにくいです。
赤字ということはいつ経営破たんしてもおかしくない状況と言えるえしょう。
法人カードを発行したけれど利益がなければ、きちんと支払いがしてもらえる可能性も低くなってしまいます。
そのため黒字経営が2年以上続いていないと、法人カードは発行されにくいのです。

ただ法人カードによっては、設立1年ほどでも審査に通過できることもあるようです。
設立間もない個人事業主や法人は、このような法人カードを選ぶと良いです。
比較的審査が甘い法人カードもありますので、最初から発行をあきらめるのはもったいないでしょう。