法人カードには法人用口座が必要

法人カードを発行するときに、法人としての口座が必要になります。
法人カードの利用代金を、法人口座から引き落としをするためです。
ある程度規模の大きな法人であれば、すでに法人口座は持ってる可能性が高いでしょう。
しかし設立間もないような場合は、まだ法人用の口座開設はしていないケースもあるかと思います。
法人カードに申込みをする前に、必ず法人用の口座を開設しておきましょう。

法人用口座の開設は、カンタンに行かないのが現状です。
じっくり審査を行い、断られる確率も高いです。
また審査通過したとしても、開設までに日数がかかることが多いです。
個人の口座は依頼をすれば比較的簡単に開設ができますが、法人はそうもいかないのです。

これは法人口座を悪用されることが多いためなのだそうです。
どこの金融機関でm自行の口座を悪用されて、事件に発展されると困ると考えます。
そのため非常に審査が厳しくなっているのです。
審査に通りやすくするには、必要な書類は必ず提出する、法人の所在地から最寄りの支店で口座開設をするのが鉄則です。

ただ個人事業主が法人カードを発行する場合は、個人名義でも決済口座に指定できます。
個人事業主は無理をして法人用口座を開設しなくても良いでしょう。