法人カードをおすすめする理由

クレジットカードには個人向けと法人向けがあります。
法人カードは個人事業主や法人を対象としたクレジットカードです。
個人事業主向けはビジネスカード、法人向けはコーポレートカードと呼ばれることもあります。

法人カードのメリットは、経費の把握、経理事務の簡素化につながることです。
法人カードも個人向けクレジットカードと同じように、1か月分の利用明細を見ることができます。
これにより社員がどこでいつクレジットカードを使っているかがわかります。
全く関係のないところでの利用がしづらくなり、社員の不正を防止することもできます。

そして法人カードの明細を利用すれば、1か月の支出管理がしやすくなります。
領収書をまとめていついくら支出をして…という作業をしなくても、明細を見ればわかってしまうわけです。
会計ソフトなんかを使えば、よりスピーディに処理ができるようになっています。

また社員が現金で立て替えた分を、のちに経費として支払うという作業を省くことができます。
経理の効率化ができるでしょう。

企業だけでなく個人事業主も私用と事業用の支出を分けることで、経費の管理がしやすくなります。
なので個人事業主も法人カードを利用するのがおすすめです。